印鑑証明の作成

会社設立と印鑑証明の作成について

平成15年から施行されている新会社法、正式には平成17年から中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律によって、会社設立のハードルは引き下げられました。
有限会社の設立こそできなくなりましたが、株式会社設立のために必要な資本金も安くなり、合同会社という新しい会社組織を立ち上げることが出来るようになりました。

色々な変更に伴い大変になった部分はありますが、トータルで見た場合には法人設立のハードルは下がったと言えます。

そんな時代背景により会社を新規で設立する動きが加速しています。それほど大きな負担なく会社を興すことが出来るようになってきましたことが大きな要因であると考えられています。

そんな会社設立のためにはいくつか準備しなければならないことがあります。各種書類についてはどのような会社を作るかによって多少の際がありますが、どのような会社でも重要になってくるのが印鑑です。印鑑と言っても日常で使っている印鑑とは違い、会社設立時に登録する会社の印鑑です。

会社設立することを法人格を得ることが出来ます。この法人の印鑑を作って印鑑証明を得ることが会社経営のために必要であることが多いのです。

例えば会社設立のための法人登記に必要になるのですが、それ以降に様々な契約をする場合にはその都度必要になるのが一般的です。

そして使用する印鑑が法務局に届出をされた正当なものであるということを証明するために印鑑証明が作られます。
この印鑑証明は様々な契約で必要とされ、事業によっては入札をするのに必要になることも珍しくありません。

この印鑑証明を作るための印鑑は会社設立をしようとする際に新規で作成するのが一般的です。いわゆる社長の印鑑である代表印は社長個人の名前で作成されますが、法人印は会社の名称で作られます。

将来的に代表者に変更があった場合にもそのまま使うことが出来るように代表取締役の印等の刻印がなされるのが一般的です。
このような会社の印鑑は会社設立をしようと思った際に銀行の印鑑と角印と呼ばれる四角い印鑑と3つセットで作成してもらうことが出来ます。

殆どのケースでは会社設立時に新しく作るのが一般的です。そうすることでトラブルを防ぐことが出来るのです。

法人登記をする際にはこの印鑑証明が必要になりますので、これから会社を作ろうとする人は法務局で印鑑の手続きをすることになります。これに加えて定款など必要とされる書類を揃えて受理されることで会社設立となります。

Copyright© 2014会社設立のお金の流れを資本金、銀行口座の役割から紐解いていきましょう All Rights Reserved.