会社設立の費用

会社設立の費用について


2006年5月に有限会社は廃止され、新たに作ることができなくなりました。
現在、日本の会社には複数の会社の種類がありますが、合名会社や合資会社の二つはまず作る人がいないといってもよく会社設立というと基本的に株式会社と合同会社の二つに分かれます。
この二つのうち、より有名なのが株式会社で、会社を作りたい方の多くはこの株式会社を設立する人が多いです。
中には会社設立というと株式会社のことだち思う人もいるほどです。
合同会社というのは2006年5月に会社法の施行によりできたシステムです。従来会社設立というと最低、役員が3人以上必要であったり資本金は,000万円以上ないといけなかったりと非常に敷居の高いものでした。この基本システムを打ち壊したのが合同会社で、とにかく設立費用が株式会社より安い点、また、利益分配が簡単なことから比較的簡単に企業することが可能です。金融の世界ではペーパーカンパニーとして合同会社が使われているのが多いです。そのことから最近では少人数での企業を中心に設立する人が増えています。

欠点はというとやはり信用度の低さです。誰でも簡単に企業できることから、株式会社でない認可してくれない事業なども存在します。また、多くの人から成長するためにお金を集めるというのは株式会社のほうが向いているといわれています。何より、その名のとおり株式を市場に上場できます。出資者の個性は強く反映されないことから、少人数での企業には適していないともいえます。
会社設立の際に一番問題になるのが費用です。

最低必要な経費は合同会社は60,000円、株式会社は200,250円です。この金額は決して安くなることはありませんが、他に大きくお金がかかるものがあり、この経費を抑えることはもちろん、手間をできるだけ少なくすることが課題です。

極論を言うのであればもちろん費用面では会社設立する本人が全てやってしまったほうが安くなることが多いです。しかし現実的には自分で各種手続きをやるのか専門家に全て依頼してしまうのかは非常に判断が難しいところで、状況によっては自分でやるより専門家に任せたほうが手間はもちろんですが、費用面でも安くなることがあります。手続きのより方によっては減免されるものもあるのですが、一般の方には手間がかかって内容も難しいものがあります。

会社設立の手間や経過する時間を考えると素人が効率の悪い手法でやるよりも多少の手数料を払って専門家に全てやってもらうほうがかしこい選択肢といえます。

Copyright© 2014会社設立のお金の流れを資本金、銀行口座の役割から紐解いていきましょう All Rights Reserved.