銀行口座の役割

会社設立の中での銀行口座の役割

会社は多くの人間が集まって、一つに目的を達成するための手段で、これは憲法上結社の自由として認められています。そして昨今では様々な会社が設立され、またさまざまな目的をもって活動しています。
会社設立には欠かすことのできない流れというものがあります。これから会社設立を行うという企業家の方はもちろん現在会社の社員という方も企業のチャンスがあれば逃さないようにしっかりと聞いておきましょう。

会社設立の際に決める最も基本的なことは会社概要を自分たちで決定することです。それは会社の名前であったり、本店の所在地をどこにしたり、事業目的や出資者を決定することです。こういったことは将来法人として届け出を行うときには登記として記載されることになりますので、適当に決めてはいけません。自分たちが実際に活動する称号や事業目的を決めなければ後々に登記を取り消されたり、不実の登記として罪に問われることもあるためです。

商号や事業目的を決めたら次には類似商号をチェックする必要があります。類似商号に関する規制が会社法で設けられており、他社の称号と同じものを使用すると、契約の相手方が誤解して契約をしたときにトラブルとなるためです。また不正競争防止法による損害賠償請求などを受ける可能性もあります。そのため自分たちの称号と類似する称号がないかを確かめる必要があります。

そういう業務は法務局が行ってくれますので、法務局に電話をかけて連絡を取ってから、実際に出かけることにしましょう。

このときに提出する法務局は、その会社の所在地を管轄する法務局となりますので自分の所在地を決めてから電話をかけてその法務局が自分たちの会社を管轄しているかについて事前に確認しておくと手間を省くことができます。

この後会社設立には定款を作成することになります。定款は会社の基本的な決め事を記載した書類のことです。この定款に記載すべきとされている事項は法律で定められていますので、必ず記載すべき事項が記載されていないという場合には、後に行う定款の認証手続きで躓いてしまいます。

定款は作成した後、公証人役場で認証を受けることになります。
が、会社設立で重要なことは資本金の払い込みです。この手続きは出資者となるものが自分名義の銀行口座にその金銭を振り込み、その銀行口座のページを印刷して払い込み証明書と一緒にして、会社代表印を押印して払い込みは狩猟となります。

Copyright© 2014会社設立のお金の流れを資本金、銀行口座の役割から紐解いていきましょう All Rights Reserved.