助成金制度

会社設立時にも使える、助成金制度について

新しく会社設立を行うには様々なものが必要です。特に、新しい事業を始める為に重要なのは資金ですから、1円でも多く調達することが会社を軌道に乗せていく上でとても大切になります。こうした、会社設立時の体力が少ない時期を乗り切るために、頼り甲斐のある資金調達先が「助成金」です。

助成金は、会社に資金援助をすることで雇用を産み出し、各社員の職を維持し、求人数を確保する目的で運用されています。社会情勢や政治方針に従って随時新設・廃止が行われ、その財源は全ての会社が加入している「雇用保険」です。運用しているのは主に各省庁と自治体で、募集した企業について審査・可否判断・資金提供を行っています。

受給要件さえ満たせば高い確率で受けやすく、返済の義務もありません。会社設立時の難しい時期を乗り越える大きな力となりますから、自分が始める事業で利用できそうなものを予め調べておき、計画的に賢く利用して、会社を軌道に乗せていきましょう。各省庁や自治体以外にも財団が運営するものがありますから、念入りに調べることに損はありません。

利用をする上で気を付けるべき点として、まず、受給される可能性が高いとはいえ100%ではない事があります。助成金はあくまで事業を始める上での手助けとして利用するものです。資金を目的に事業内容を広げるのは会社を危機に貶める原因となりますから、堅く戒めるべきです。

また、条件によっては受給不可となる場合があります。代表的な例の1つが「雇用保険の未加入」です。雇用保険を財源とする以上、その財源である雇用保険に加入していない企業は受給不可と審査されます。いずれにせよ、社員を雇って事業を行う会社は雇用保険に加入する義務がありますから、会社設立は雇用保険の加入を前提にして考えていく必要があります。

その他の注意点として、助成金として紹介されている物の中には「補助金」に属する物もあることに気を付けましょう。補助金には返済義務があります。返済の条件は様々ですが、いずれにせよ借りた物として返済しなければいけません。

会社設立は新しい産業と雇用を生み、新しい消費者を産み、経済を活発化させ、地域を豊かにしていきますから、様々な機関や組織が応援するものです。各省庁、都道府県・市町村、各財団等が運用する助成金を上手く活用することで会社設立の難易度は大きく下がり、会社設立間もない頃にかかる多大な経費を軽減することができます。

Copyright© 2014会社設立のお金の流れを資本金、銀行口座の役割から紐解いていきましょう All Rights Reserved.